消防法令遵守をお願い致します

消防法令遵守をお願い致します

いつもブログの閲覧ありがとうございます

事業所関係者の皆様へ
消防法令の遵守をお願いします!!

●消防法とは
市民の方々を火災から守るため、飲食店や物品販売店などの事業所には、消防設備の設置や防火管理などについて、消防法の規制がかかります。
新築時には、建築基準法に規定する確認申請により、消防の同意を受けた後に建築されます。その後の法令遵守の維持管理状況について、消防職員が一定規模以上の事務所に対して立入検査を実施し、消防法を遵守するよう指導をされます。

●違反対象物公表制度(平成30年4月1日施行)
「違反対象物公表制度」は、消防法に違反している建物を、利用者や従業員へ周知する制度です。
消防職員による立入検査において、消防法に違反している建物を覚知した場合、消防本部のホームページに建物の名称・所在地・違反内容を公表されます。

●どのような建物や違反が公表されるの?
消防法により設置が義務付けられている屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、自動火災報知設備のいずれかが設置されていない重大な違反で、飲食店、物品販売店、ホテル、社会福祉施設、病院など不特定多数の方や避難が困難な方が利用する建物を公表されます。

●どのようなことに気をつければいいの?
消防法には、建物の面積、用途、開口部の種類や大きさ、収容人員、階数などによって消防設備の設置基準が定められています。
特に次のような場合には、消防法の重大違反に該当する場合がありますので、事前に消防本部に相談される事をお勧めします。

●増築や改築、隣接建物との接続を行う場合
増築はもちろん、屋内で新たに床を張ったり、隣接建物を渡り廊下などで接続する場合には、必ずご相談される事をお勧めします。

●建物やテナントの用途を変更する場合
飲食店、物品販売店、ホテル、社会福祉施設、病院など不特定多数の方や避難が困難な方が利用する用途は、消防法の中でも基準が厳しくなっています。そのため、倉庫や事務所などから飲食店や物品販売店などの用途に変更する場合は、必ずご相談される事をお勧めします。

●窓や扉を封鎖するように棚を置いたり、窓に格子を設置する場合
「避難上又は消火活動上有効な開口部」の数や大きさが一定基準を満たしていない階を「無窓階」と言い、設備の設置基準が厳しくなります。そのため、窓や扉を封鎖するなど、人の出入りができなくなる場合や扉の種類を変更する場合は、必ずご相談される事をお勧めします。

●消防法違反を是正しなかったらどうなるの?
消防機関の度重なる指導に対しても是正意志が認められない場合は、火災予防上の命令や告発を行う場合があります。
命令を行うと、建物を利用する市民のために、建物の出入口等に命令を受けている旨の標識を掲示し、ホームページ等を利用して周知されます。

消防法がより厳しくなってきております昨今、お困りの事が御座いましたら下記担当までご連絡ください
消防署と調節を弊社で行い、最良のご提案を計画立案させて頂きます
よろしくお願いします

創業65年の実績 

初田防設備株式会社,

http://www.hatsuta-bousai.co.jp/

【西三河エリア担当】 
→→→ お問合せ先 岡崎営業所 0564-31-7355 
岡崎市、幸田町、安城市、豊田市、西尾市、碧南市
大府市、知立市、刈谷市、高浜市、豊明市、みよし市


【名古屋、尾張エリア担当】 
→→→ お問合せ先 岡崎営業所 0564-31-7355 
名古屋市内
千種区・昭和区・瑞穂区・熱田区・南区・緑区
天白区・名東区・守山区・東区・中区
北区・西区・中村区・中川区・港区<
日進市、尾張旭市、長久手、東郷町、瀬戸市

【東三河エリア担当】
→→→ お問合せ先 豊橋本社 0532-53-2054
豊橋市、新城市、豊川市、蒲郡市、田原市


【上記以外の都道府県及び海外】 
→→→ お問合せ先 岡崎営業所 0564-31-7355 
全国及び海外対応、ご希望をご相談下さい
※海外対応参考地域
中国、タイ、台湾、ベトナム、ミャンマー、ドイツ、アメリカ

----- 対応可能業務 -----
【消防設備保守点検 消防設備 工事 (新設 既設共) 】
消火器、自動火災報知設備、誘導灯設備、防爆用設備
屋内消火栓、屋外消火栓、動力消防ポンプ、スプリンクラー設備
水噴霧消火設備、パッケージ型消火設備、連結送水管設備
二酸化炭素消火設備、窒素消火設備、ハロン消火設備
泡消火設備、粉末消火設備、避難器具設備、防排煙設備
キャビネックス自動消火装置、厨房用自動消火システム
各種防災用品(自治会様、町内会様、理事会様、官庁関係様)
防火シャッター、危害防止装置、防火扉、自動閉鎖装置

----- 対応可能相談 -----
・防災管理点検 自衛消防隊等
・防火対象物点検 防炎表示等
・消防立ち入り検査 指示書、勧告書、命令書等
・改善 結果 計画 報告書
・建物 無窓階 計算 サッシ・扉改修等
・防火管理者講習 甲種乙種 日程等
・消防計画 避難経路 等
・共同防火管理者 統括防火管理等
・消火器廃棄 処理 設置個所
 特定窓口 リサイクル消火器等
・着工届 設置届 整備改善報告書 作成提出
・使用開始届 作成提出
・危険物申請 変更許可申請 資料提出 
 火気使用届 危険物施設改修及び計画、届出等
・火災報知機器 誤報 誤作動 対応方法
・防災用品の用意 防災倉庫 町内会防災用品
・AED「自動体外式除細動器」の設置箇所、設置個数
・防火設備調査員等 防火防排煙設備の点検調査相談
2017-11-29 : お知らせ :
Pagetop

BCP対策 火災リスク診断

管理責任者様へ

火災発生リスクの診断サービスをご存知ですか??

初田防災設備ではBCP対策の一環として火災発生リスク診断サービスを行っております。
ハツタ・トリプル・コンサルティング 通称 HTC
物流倉庫・工場・作業場にどのような火災発生リスクどのようなレベルどこに有るかご存知でしょうか?

施設使用状況・使用環境・管理状態により様々な火災原因が潜んでいます。

先日火災が発生した大手企業様倉庫の火災原因は
フォークリフトのエンジン近くにダンボール片がつまり出火し
倉庫の中にアルコールなどが入った消毒剤や芳香剤といった
発火する可能性のある危険物を、法律の5倍以上保管した事が原因で
大火災となった事がわかってきているようです
責任者は、納期や納品期限に追われ保管した事

管理者様の目の届かない箇所で、消防法及び危険物法が守られていない
現状があるかもしれません

HTCでは施設環境・管理状態を直接お伺いし確認させて頂いたうえで、
プロの目線から確認そして過去のデータを元に
様々な火災リスク・火災発生のレベル判定を行わせていただきます

ハツタ・トリプル・コンサルティングでワンストップ型のBCP構築を!!

1.火災発生リスクの診断 

⇒ ヒヤリハットを防ぐ綿密な診断のコンサル

①お客様の施設内を巡回視察  

  ・消防法のコンプライアンス状況の確認
  ・設備器具等の管理状況に基づ火災発生リスクのレベル判定
  ・使用危険物の種類や使用状況に基づく火災発生リスクのレベル判定

②お客様が体験された火災例やヒヤリハット状況を聴取

  ・消火器等で消火して、ボヤで済んだ火災情報
  ・煙が出て、業務停止したが火災にならずに済んだヒヤリハット情報

1.jpg


③同業業種の過去の火災事例に基づいた危険個所の診断

2.jpg


④火災発生リスク診断書の提出

  ・様々な角度から火災発生の有無・レベル等を診断
  ・綿密な火災発生リスクの総合診断結果を提出

3.jpg


2.適切な防災プランの作成

①火災発生危険個所のリストアップ

  ・火災発生リスク診断結果から火災発生危険個所をすべて網羅

②火災発生危険個所毎の防災プランを提案 (マスタープラン※1)

  ・火災発生危険個所毎に最適な防災設備プランを企画立案
  ・施設環境や管理状況に合わせた適切な防災設備プランを予算見積書と共に提出

※1 マスタープランとは、過去の火災事例研究をもとに初田防災設備が独自に設計した、設備ごとに最適化された防災設備の名称です

この機会に自分では分からない・知り得ない御社の火災リスクを診断させて下さい。


創業65年の実績 

初田防設備株式会社,

http://www.hatsuta-bousai.co.jp/

【西三河エリア担当】 
→→→ お問合せ先 岡崎営業所 0564-31-7355 
岡崎市、幸田町、安城市、豊田市、西尾市、碧南市
大府市、知立市、刈谷市、高浜市、豊明市、みよし市


【名古屋、尾張エリア担当】 
→→→ お問合せ先 岡崎営業所 0564-31-7355 
名古屋市内
千種区・昭和区・瑞穂区・熱田区・南区・緑区
天白区・名東区・守山区・東区・中区
北区・西区・中村区・中川区・港区<
日進市、尾張旭市、長久手、東郷町、瀬戸市

【東三河エリア担当】
→→→ お問合せ先 豊橋本社 0532-53-2054
豊橋市、新城市、豊川市、蒲郡市、田原市


【上記以外の都道府県及び海外】 
→→→ お問合せ先 岡崎営業所 0564-31-7355 
全国及び海外対応、ご希望をご相談下さい
※海外対応参考地域
中国、タイ、台湾、ベトナム、ミャンマー、ドイツ、アメリカ

----- 対応可能業務 -----
【消防設備保守点検 消防設備 工事 (新設 既設共) 】
消火器、自動火災報知設備、誘導灯設備、防爆用設備
屋内消火栓、屋外消火栓、動力消防ポンプ、スプリンクラー設備
水噴霧消火設備、パッケージ型消火設備、連結送水管設備
二酸化炭素消火設備、窒素消火設備、ハロン消火設備
泡消火設備、粉末消火設備、避難器具設備、防排煙設備
キャビネックス自動消火装置、厨房用自動消火システム
各種防災用品(自治会様、町内会様、理事会様、官庁関係様)
防火シャッター、危害防止装置、防火扉、自動閉鎖装置

----- 対応可能相談 -----
・防災管理点検 自衛消防隊等
・防火対象物点検 防炎表示等
・消防立ち入り検査 指示書、勧告書、命令書等
・改善 結果 計画 報告書
・建物 無窓階 計算 サッシ・扉改修等
・防火管理者講習 甲種乙種 日程等
・消防計画 避難経路 等
・共同防火管理者 統括防火管理等
・消火器廃棄 処理 設置個所
 特定窓口 リサイクル消火器等
・着工届 設置届 整備改善報告書 作成提出
・使用開始届 作成提出
・危険物申請 変更許可申請 資料提出 
 火気使用届 危険物施設改修及び計画、届出等
・火災報知機器 誤報 誤作動 対応方法
・防災用品の用意 防災倉庫 町内会防災用品
・AED「自動体外式除細動器」の設置箇所、設置個数
・防火設備調査員等 防火防排煙設備の点検調査相談
2017-07-28 : お知らせ :
Pagetop

スプリンクラー設備補助金申請方法

前回5月ブログにて、スプリンクラー設備設置の
ご説明をしましたが補助金等の申請方法が不明
「どうやってやるの」等ご相談を頂きました
下記にスプリンクラー設備の補助金申請の流れをまとめました
ご参考にして頂けましたら幸いです

補助金申請からスプリンクラー置までをご説明

1 補助金の事業案内 【各都道府県より郵送にて】
 各官公庁より御社へ封筒が届きます
 封筒が到着しましたら弊社初田防災設備へご連絡下さい
 下記一次申請の段取りをさせて頂きます

2 工事資料取り寄せ 【初田防設備対応】
 初田防災設備が訪問させて頂き
 施工パンフレットのご提出、建屋図面の貰い受け

3 概略設計 【初田防設備対応】
 現地調査、お打合せに基づき配管ルートを確認
 図面を作成させて頂きます

4 概算積算 【初田防設備対応】
 現地調査に基づき お見積書をご提案させて頂きます

5 一次申請 【お客様ご対応】 
 上記、初田防災より提出させて頂きました資料を
 各官公庁へご提出して頂き、補助金申請の意思を示して頂きます

 ※※補助金申請の意思表示※※

6 審査  【各都道府県】
 資料を元に各官公庁が審査いたします

7 補助金額 仮決定 【各都道府県】

8 内示受領 【お客様ご対応】 
 各官公庁より御社へ補助金額の仮決定書が届きます
 届き次第 初田防災設備へご連絡下さい
 お伺いさせて頂き、再度ご説明させて頂きます

9 詳細設計 【初田防設備対応】
 一次申請の際に設計した資料を元に
 各消防署へ弊社が、最終確認に伺います

10 詳細積算 【初田防設備対応】
 消防署への確認が終わり、最終図面が出来上がります
 その後、正式なお見積書をご提出させて頂きます

11 二次申請 【お客様ご対応】 
 ご提出させて頂きました、図面及びお見積書を元に
 申請書類を各官公庁へご郵送して頂きます

12 補助金額最終決定 【各都道府県】
 各官公庁より最終決定通知が届きます。
 初田防災設備へご連絡下さい。  

補助金がおりることが確定します
申請から設置迄をトータルサポートさせて頂きます
まずは、ご連絡下さい

スプリンクラー申請


水道直結型スプリンクラー設備
水道ポンプ型スプリンクラー設備
エスピーアウル パッケージ型自動消火設備 I 型
エスピーアウルミニ パッケージ型自動消火設備 Ⅱ 型
各種ご提案させて頂きます
下記担当までお問い合わせ下さい
宜しくお願い致します

創業65年の実績 

初田防設備株式会社,

http://www.hatsuta-bousai.co.jp/

【西三河エリア担当】 
→→→ お問合せ先 岡崎営業所 0564-31-7355 
岡崎市、幸田町、安城市、豊田市、西尾市、碧南市
大府市、知立市、刈谷市、高浜市、豊明市、みよし市


【名古屋、尾張エリア担当】 
→→→ お問合せ先 岡崎営業所 0564-31-7355 
名古屋市内
千種区・昭和区・瑞穂区・熱田区・南区・緑区
天白区・名東区・守山区・東区・中区
北区・西区・中村区・中川区・港区<
日進市、尾張旭市、長久手、東郷町、瀬戸市

【東三河エリア担当】
→→→ お問合せ先 豊橋本社 0532-53-2054
豊橋市、新城市、豊川市、蒲郡市、田原市


【上記以外の都道府県及び海外】 
→→→ お問合せ先 岡崎営業所 0564-31-7355 
全国及び海外対応、ご希望をご相談下さい
※海外対応参考地域
中国、タイ、台湾、ベトナム、ミャンマー、ドイツ、アメリカ

----- 対応可能業務 -----
【消防設備保守点検 消防設備 工事 (新設 既設共) 】
消火器、自動火災報知設備、誘導灯設備、防爆用設備
屋内消火栓、屋外消火栓、動力消防ポンプ、スプリンクラー設備
水噴霧消火設備、パッケージ型消火設備、連結送水管設備
二酸化炭素消火設備、窒素消火設備、ハロン消火設備
泡消火設備、粉末消火設備、避難器具設備、防排煙設備
キャビネックス自動消火装置、厨房用自動消火システム
各種防災用品(自治会様、町内会様、理事会様、官庁関係様)
防火シャッター、危害防止装置、防火扉、自動閉鎖装置

----- 対応可能相談 -----
・防災管理点検 自衛消防隊等
・防火対象物点検 防炎表示等
・消防立ち入り検査 指示書、勧告書、命令書等
・改善 結果 計画 報告書
・建物 無窓階 計算 サッシ・扉改修等
・防火管理者講習 甲種乙種 日程等
・消防計画 避難経路 等
・共同防火管理者 統括防火管理等
・消火器廃棄 処理 設置個所
 特定窓口 リサイクル消火器等
・着工届 設置届 整備改善報告書 作成提出
・使用開始届 作成提出
・危険物申請 変更許可申請 資料提出 
 火気使用届 危険物施設改修及び計画、届出等
・火災報知機器 誤報 誤作動 対応方法
・防災用品の用意 防災倉庫 町内会防災用品
・AED「自動体外式除細動器」の設置箇所、設置個数
・防火設備調査員等 防火防排煙設備の点検調査相談
2017-06-30 : お知らせ :
Pagetop

いつまでにスプリンクラー設備設置するの?

スプリンクラー法改正
 
いつまでにスプリンクラー設備
設置するの?
 
つけなくてはいけないの?


既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが
平成30年3月末迄にスプリンクラー設備を設置しなければ
いけない、社会福祉施設等があります
お忘れの方がいらっしゃれば、下記ブログにてご確認下さい

法改正に至った経緯
平成24年5月13日、広島県福山市のホテルにおいて死者7名、
負傷者3名を出す火災が発生しました。
また、平成25年2月8日、長崎県長崎市の認知症高齢者
グループホームにおいて火災が発生し、死者5名、
負傷者7名を出す惨事となりました。
 これらの火災を踏まえ、以下のとおりスプリンクラー設備、
自動火災報知設備及び消防機関へ通報する火災報知設備
(火災通報装置)の設置基準等が改正され、また、現行の
消防法施行令別表第一における社会福祉施設等の分類と、
その実態とが整合しない状況が発生していることから、
防火対象物の用途区分の見直しが行われました。

法改正内容
火災発生時に自力で避難することが困難な者が入所する
社会福祉施設((6)項ロ)において、延べ面積275㎡以上の
ものに設置が義務付けられていたスプリンクラー設備について、
原則として延べ面積に関わらず設置することが義務付けられました。

t010000029347.jpg


火災発生時に自力で避難することが困難な社会福祉施設等
(施行令別表第一(6)項ロに該当する施設)において、
延べ面積275平方メートル以上のものに設置が義務付けられていた
スプリンクラー設備について、原則として延べ面積に関わらず
設置することが義務付けられました。
なお、例外として、火災発生時に延焼を抑制する機能を備える
構造を有する施設は設置不要です。また、介助がなければ
避難できない者が多数を占めない障害者施設等は、
従前どおり延べ面積275平方メートル以上で設置が必要となります。

スプリンクラー設備の設置基準の見直し
 改正前 延べ面積275㎡以上で設置
 改正後 面積に関わらず全て設置

対象施設
老人短期入所施設
介護老人保健施設
乳児院 乳児院 乳児院
養護老人ホーム
老人短期入所事業を行う施設
障害児入所施設
特別養護老人ホーム
小規模多機能型居宅介護事業所
障害者支援施設
軽費老人ホーム 
認知症高齢者グループホム 短期入所施設
有料老人ホーム 
救護施設 共同生活援助施設
これらに類する施設

08_syota.jpg


社会福祉施設等にスプリンクラー設備を設置する際に
国や県、市等から助成金、補助金を頂ける場合が
御座います。申請方法や、段取り、申込方法
設置に関する図面、見積、仕様書等、不明な点が
御座いましたら、下記担当までご連絡下さい

消防法の説明から、設置及びその後の点検迄
サポートさせて頂きます

創業65年の実績 

初田防設備株式会社,

http://www.hatsuta-bousai.co.jp/

【西三河エリア担当】 
→→→ お問合せ先 岡崎営業所 0564-31-7355 
岡崎市、幸田町、安城市、豊田市、西尾市、碧南市
大府市、知立市、刈谷市、高浜市、豊明市、みよし市


【名古屋、尾張エリア担当】 
→→→ お問合せ先 岡崎営業所 0564-31-7355 
名古屋市内
千種区・昭和区・瑞穂区・熱田区・南区・緑区
天白区・名東区・守山区・東区・中区
北区・西区・中村区・中川区・港区<
日進市、尾張旭市、長久手、東郷町、瀬戸市

【東三河エリア担当】 
→→→ お問合せ先 豊橋本社 0532-53-2054
豊橋市、新城市、豊川市、蒲郡市、田原市


【上記以外の都道府県】 
→→→ お問合せ先 岡崎営業所 0564-31-7355 
全国協力会社にて、ご希望をご相談させて頂きます

----- 対応可能業務 -----
【消防設備保守点検 消防設備 工事 (新設 既設共) 】
消火器、自動火災報知設備、誘導灯設備、防爆用設備
屋内消火栓、屋外消火栓、動力消防ポンプ、スプリンクラー設備
水噴霧消火設備、パッケージ型消火設備、連結送水管設備
二酸化炭素消火設備、窒素消火設備、ハロン消火設備
泡消火設備、粉末消火設備、避難器具設備、防排煙設備
キャビネックス自動消火装置、厨房用自動消火システム
各種防災用品(自治会様、町内会様、理事会様、官庁関係様)
防火シャッター、危害防止装置、防火扉、自動閉鎖装置

----- 対応可能相談 -----
・防災管理点検 自衛消防隊等
・防火対象物点検 防炎表示等
・消防立ち入り検査 指示書、勧告書、命令書等
・改善 結果 計画 報告書
・建物 無窓階 計算 サッシ・扉改修等
・防火管理者講習 甲種乙種 日程等
・消防計画 避難経路 等
・共同防火管理者 統括防火管理等
・消火器廃棄 処理 設置個所
 特定窓口 リサイクル消火器等
・着工届 設置届 整備改善報告書 作成提出
・使用開始届 作成提出
・危険物申請 変更許可申請 資料提出 
 火気使用届 危険物施設改修及び計画、届出等
・火災報知機器 誤報 誤作動 対応方法
・防災用品の用意 防災倉庫 町内会防災用品
・AED「自動体外式除細動器」の設置箇所、設置個数
・防火設備調査員等 防火防排煙設備の点検調査相談
2017-05-30 : お知らせ :
Pagetop

告発 防火対象物使用開始届出違反

告発
 
 防火対象物使用開始

 
  届出義務違反


事業を開始されたお客様はご存知の事と思いますが
開業される場合には、使用開始届を消防署へ提出
する義務があります
某消防で賃貸アパートを有料老人ホームとして使用し
使用開始届を提出しておらず、火災予防条例の届出
義務違反で告発されました
罪名は、火災予防条例違反
防火対象物使用開始届は、建物を使用する7日前迄に
提出の義務があります
必要な書類としては、

防火対象物概要表
案内図
平面図
詳細図
立面図
断面図
展開図
室内仕上表及び建具表等

管轄する消防署により少し異なります
何日前にどんな書類を出せばよいか?
不明な方は、お気軽にご連絡下さい

15_syota.jpg


なお、違反防火対象物の公表制度も始まっております
公表の流れとしましては、立ち入り検査で消防が確認し
消防法又は、火災予防条例の規定に従って設置すべき、
屋内消火栓設備やスプリンクラー設備または、
自動火災報知設備等が設置されていない場合
消防署長名の査察結果通知書で違反の通知を受けます
その後、改善されない場合、公表する旨を関係者あてに
公表通知書を交付し、交付から14日以上経過しても
改善とならないものについては公表となります

消防法を知らなかったでは取り返しのつかない事態と
なりかねませんので、御不明な点や、消防法について
法令遵守出来ているか確認したい場合は、下記ご担当迄
ご連絡下さい

ご連絡お待ちしております

創業65年の実績 

初田防設備株式会社,

http://www.hatsuta-bousai.co.jp/

【西三河エリア担当】 
→→→ お問合せ先 岡崎営業所 0564-31-7355 
岡崎市、幸田町、安城市、豊田市、西尾市、碧南市
大府市、知立市、刈谷市、高浜市、豊明市、みよし市


【名古屋、尾張エリア担当】 
→→→ お問合せ先 岡崎営業所 0564-31-7355 
名古屋市内
千種区・昭和区・瑞穂区・熱田区・南区・緑区
天白区・名東区・守山区・東区・中区
北区・西区・中村区・中川区・港区<
日進市、尾張旭市、長久手、東郷町、瀬戸市

【東三河エリア担当】 
→→→ お問合せ先 豊橋本社 0532-53-2054
豊橋市、新城市、豊川市、蒲郡市、田原市


【上記以外の都道府県】 
→→→ お問合せ先 岡崎営業所 0564-31-7355 
全国協力会社にて、ご希望をご相談させて頂きます

----- 対応可能業務 -----
【消防設備保守点検 消防設備 工事 (新設 既設共) 】
消火器、自動火災報知設備、誘導灯設備、防爆用設備
屋内消火栓、屋外消火栓、動力消防ポンプ、スプリンクラー設備
水噴霧消火設備、パッケージ型消火設備、連結送水管設備
二酸化炭素消火設備、窒素消火設備、ハロン消火設備
泡消火設備、粉末消火設備、避難器具設備、防排煙設備
キャビネックス自動消火装置、厨房用自動消火システム
各種防災用品(自治会様、町内会様、理事会様、官庁関係様)
防火シャッター、危害防止装置、防火扉、自動閉鎖装置

----- 対応可能相談 -----
・防災管理点検 自衛消防隊等
・防火対象物点検 防炎表示等
・消防立ち入り検査 指示書、勧告書、命令書等
・改善 結果 計画 報告書
・建物 無窓階 計算 サッシ・扉改修等
・防火管理者講習 甲種乙種 日程等
・消防計画 避難経路 等
・共同防火管理者 統括防火管理等
・消火器廃棄 処理 設置個所
 特定窓口 リサイクル消火器等
・着工届 設置届 整備改善報告書 作成提出
・使用開始届 作成提出
・危険物申請 変更許可申請 資料提出 
 火気使用届 危険物施設改修及び計画、届出等
・火災報知機器 誤報 誤作動 対応方法
・防災用品の用意 防災倉庫 町内会防災用品
・AED「自動体外式除細動器」の設置箇所、設置個数
・防火設備調査員等 防火防排煙設備の点検調査相談
2017-04-11 : お知らせ :
Pagetop
ホーム  次のページ »